【バリスタ・ドルチェグスト・ネスプレッソ】ネスレのコーヒーマシン3種を徹底比較!

生活

コーヒーを飲むたびに豆から淹れるのって少し面倒くさくないですか?

その点インスタントコーヒーは簡単に淹れられるけど、豆から淹れる人にとっては味が物足りなかったり、粉やお湯の量で味が変わってしまって美味しく淹れられなかったりします。

「美味しいコーヒーを手軽に飲みたい」そんな気持ちに答えてくれるのが、ネスレが販売しているコーヒーマシン「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」です。

我が家も夫婦そろって、毎日コーヒーを3杯は飲むコーヒー党。

これまで豆を買って来て自宅で挽いてから淹れたり、たまにはインスタントコーヒーも飲んだり、1杯分だけならドリップコーヒーを利用したりといろいろなコーヒーを楽しんできました。

しかし今の我が家にはネスレの「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」の3台がそろっていて、毎日どれか(またはすべて)のコーヒーを楽しむ生活を送っています。

そこで今回は実際に バリスタ・ドルチェグスト・ネスプレッソの3台すべてを使っている私が、それぞれの特徴やコスパ、お手入れのしやすさなどについて解説します。

きっとネスレのコーヒーマシンを買って、素敵なコーヒー生活を送りたくなるはずです。

ネスレのコーヒーマシンは大きく分けて3種類

ネスレでは大きく分けて「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」の3種類のコーヒーマシーンを販売しています。

ちなみにボトルコーヒーを美味しいアイスコーヒーとして楽しめる「アイスクレマサーバー」や美味しい紅茶が楽しめる「スペシャル.T」もありますが、使ったことがないし、 今回はあくまでホットコーヒーの比較のため除外します。

ここでは 「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」の3種類のコーヒーマシーンの特徴を簡単に説明します。

バリスタ

バリスタのマシン

我が家で使っているバリスタはやや古いようで、もうネスレのホームページには載っていませんでした。

現在は専用アプリと連動できたり、クリーニングボタンが付いていたりとより便利なモデルが販売されているようです。

我が家のモデルに一番近いのは「バリスタ i(アイ)」。

コーヒーマシーンにあらかじめ常温の水とコーヒーの粉を入れておけば、ボタン一つでコーヒーを飲むことができます。

コーヒーの粉は専用のカートリッジを使用します。気軽に楽しめるリーズナブルなものから、味にこだわりたい人向けのコーヒーまで揃っているので、好みの味を探すのも楽しいです。

カートリッジはスーパーやドラッグストアでも売られていることが多く、粉がなくなってしまっても手に入れやすいのも嬉しいポイント。

またカフェラテボタンとカプチーノボタンが付いているため、あらかじめネスレのブライト(粉のミルク)をマグカップに入れてからボタンを押せば、フワフワ泡立ったカフェラテやカプチーノが楽しめます。

バリスタ デュオもある

バリスタには本格カフェラテがワンタッチで楽しめる「バリスタ デュオ」もあります。

コーヒーを入れるタンクとクリーマーを入れるタンクの2種類が搭載されているため、バリスタでカフェラテを飲むときのように一回一回クリーマーをマグカップに用意する手間がいりません。

ブラックよりもカフェラテで飲むことが多いなら、バリスタ デュオが便利そうですね。

ドルチェグスト

ドルチェグストのマシン

ドルチェグストは1杯ずつ専用のカプセルを使ってコーヒーを淹れます。

大きく分けてオートストップ型とマニュアル型があり、オートストップ型は先にメモリを合わせればレバーを倒すだけで指定した量まで入れば自動で抽出が止まります。

マニュアル型はレバーを倒して、自分の好みの量までコーヒーが抽出されたら自分でレバーを戻して止めます。自分の好みの量で抽出できるというメリットがある反面、淹れ終わるまでそばを離れられないというデメリットもあります。

ちなみに我が家ではオートストップ型を使っています。コーヒーを淹れている間に他の作業ができるので便利です。たかが数十秒とは言え、朝などの忙しい時は少しでも時間を節約できると嬉しいですよね。

オートストップ型は自動で抽出してくれますが、もし「選んだ量が多すぎた」と思った場合は、自分でレバーを戻して止めることもできます。

ドルチェグストはバリスタと違って1杯ずつカプセルを使うため、その時の気分でコーヒーの種類を変えられるだけでなく、ミルクティや抹茶、さらにはスムージーも楽しむことができます。

デカフェもあるため、妊娠中や授乳中の人がいたり、寝る前に飲みたいときにも活躍します。

ネスプレッソ

ネスプレッソのマシン

ネスプレッソには「オリジナル」「ヴァーチュオ」がありますが、我が家で使っているのはオリジナルの「エッセンサ ミニ」なので、「エッセンサ ミニ」で話を進めていきます。

ドルチェグストと同じくカプセルを使って抽出しますが、大きな違いは抽出方法。「エッセンサ ミニ」は 最大19気圧のポンプ 圧力で本格的なエスプレッソのように抽出します。

そのためカプセルをポンと入れて抽出できるドルチェグストと違って、カプセルを入れたらしっかり丁寧にレバーを下げてから抽出しなければいけません。(雑な私は何回か適当にレバーを下げて、カプセルを無駄にしたことがあります)

味はとてもこだわっていて、専門家が選んだ標高・気候・土壌の厳しい条件を満たした生産地で栽培した豆を使用するほどです。

ミルクにも負けないしっかりした濃さを楽しむことができるため、ネスレのホームページ上にはさまざまなアレンジレシピが載っています。

我が家ではミルクでフワフワな泡が作れるエアロチーノを使って、まるでお店で飲むようなフワフワなカプチーノとして楽しむことも多いです。

ネスプレッソもバリスタと同じくデカフェのカプセルがあります。

【バリスタ・ドルチェグスト・ネスプレッソ】それぞれの特徴を徹底比較

バリスタ・ドルチェグスト・ネスプレッソにはそれぞれ長所と短所があります。コスパや手軽さ、お手入れのしやすさなど、いろいろな角度から比較していきます。

もっともコスパが良いのはバリスタ

バリスタのマシン

バリスタの専用カートリッジの中身はインスタントコーヒーです。しかも個包装になっていないこともあって、もっともリーズナブル。

一番安いカートリッジなら1杯あたり約13円。一番高くても1杯あたり約36円(以下、税込)で飲むことができます。ちなみにバリスタのカートリッジはスーパーやドラッグストアでも売られていて、定価よりも安く販売されていることもあります。

ドルチェグスト1杯あたり約55~82円です。カプセルが箱に入っているため分かりにくいですが、同じ箱の大きさ・値段でも12カプセル入りと16カプセル入りがあるので気を付けましょう。

ちなみにラテマキアートなどのフォームドミルクが乗るものは1杯で2カプセル使います。箱のパッケージの写真でコーヒーの横に2カプセル添えられています。2カプセル使うことで単価は上がり、1杯あたり約163円ほどかかります。

ドルチェグストもスーパーやドラッグストアでも売られていますが、安くなっているのはあまり見かけません。

最後にネスプレッソ(オリジナル)ですが、こだわりが詰まっている分お値段も高く、1杯あたり約81~97円程度です。

こちらはすべて10カプセルで1セットになっています。

ネスプレッソだけはスーパーなどには売っておらず、基本的にはネット・ネスプレッソショップ・ネスプレッソブティックのみでの購入となります。

バリスタ・ドルチェグスト・ネスプレッソ はいずれも「マシン無料貸し出しサービス」や「定期お届け便」を利用することで定価より安く手に入れることができます。

一番手軽にコーヒーを淹れられるのもバリスタ

バリスタのマシン

ドルチェグストとネスプレッソは引き出しにカプセルを入れるという手間があります。その点、コーヒーの粉がボトルに入っているバリスタなら、ボタンを押すだけですぐにコーヒーを淹れることができます。

カプセル式のドルチェグストとネスプレッソはその時の気分に合わせて違う味のコーヒーを楽しめるというメリットがありますが、カプセルをどこかに保管しなければいけないという手間もあります。

ちなみにバリスタは1杯ごとにカプセルを捨てる必要があるのに対して、ドルチェグストはレバーを上げれば本体の中に使用済みカプセルが落ちるようになっているため、まとめて捨てられる点は便利です。

しかしネスプレッソ使用前と使用後にお湯だけを出して洗浄しなければいけないという手間があります。お湯を出して待つだけなのですが、出るお湯の量が少なくて時間が掛かるため時間がないときは使用しにくいです。

お手入れがしやすいのはドルチェグスト

ドルチェグストのマシン

ドルチェグストは引き出しにポンとカプセルを入れて、抽出が終わったらパッと捨てれば完了します。そのため、あまり汚れることがありません。汚れが付くのは水入れの水垢と受け皿くらいなのでお手入れはとても簡単です。

バリスタは専用のボトルに詰め替え用のコーヒーを丸々入れて使います。そのためドルチェグストやネスプレッソに比べて衛生面に気を使う必要があります。

毎日洗浄する部品や、ボトルのコーヒーを使い終わったタイミング洗浄する部品があるため、手間がかかります。

ネスプレッソはコーヒーを淹れる前後にお湯を出して洗浄する必要がある点は面倒なものの、洗う部品は水入れ・受け皿・使用済みカプセル受けだけなので、お手入れはそこまで手間ではありません。

もっとも味にこだわっているのはネスプレッソ

ネスプレッソのマシン

バリスタやドルチェグストが味にこだわっていないという訳ではありませんが、ネスプレッソこだわりは別格なのです。

ネスプレッソのカプセルに使用されているコーヒー豆は、厳選された生産地で丁寧に収穫・精製されています。そしてコーヒーのエキスパートの手によってそれぞれの豆の個性を引き出してカプセルに詰めているのです。

さらにカプセルにもこだわりがあります。コーヒー豆にとって酸化は大敵。ネスプレッソは特製のアルミカプセルを使用することで、揮発しやすい900種類以上のコーヒーのアロマを保持することができます。

ネスプレッソのコーヒー豆は粉砕したらすぐにこのカプセルに閉じ込めることで、酸化を防いで鮮度を保ち、いつでも美味しいコーヒーを飲めるようになっています。

ドルチェグストならコーヒー以外に紅茶や抹茶も楽しめる

ドルチェグスト専用の抹茶カプセル

ドルチェグストにはコーヒーの他に、ミルクティー・抹茶・カフェオレなどのカプセルも販売されています。

1杯ごとにカプセルを入れて抽出するので、飲みたい気分に合わせてコーヒー以外にもいろいろな味を気軽に楽しむことができます。

さらにドルチェグストは唯一常温で抽出することができます。この機能を利用すれば専用カプセルでスムージーなどを抽出して手軽に健康管理をすることも可能です。

ただしドルチェグストのカプセルは基本的に1杯につき1つ使用するのですが、カプチーノやラテマキアートはコーヒーとミルクの2つ分のカプセルで1杯抽出するようになっています。そのため通常のブラックのコーヒーより単価が高くなるので注意しましょう。

ちなみにドルチェグストのラテマキアートやカプチーノ、ミルクティなどのカプセルには砂糖が入っていて結構甘いため、甘党の人におすすめです。(コーヒーに甘さを求めていない人は注意です)

【バリスタ・ドルチェグスト・ネスプレッソ】 あなたが一番使いやすいコーヒーマシンは?

今回はネスプレッソのコーヒーマシンが気になっている人のためにバリスタ・ドルチェグスト・ネスプレッソのそれぞれの良さを紹介しました。

あなたが一番興味を持ったマシンはどれですか?

一言に「コーヒー好き」と言ってもなにを基準にコーヒーを選ぶかは人それぞれ。 ぜひこの記事を参考にしてあなたの好みに合うコーヒーマシンを選んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました